お得を考えるなら機種買い替えではなく、iPhoneバッテリー交換です

お得を考えるなら機種買い替えではなく、iPhoneバッテリー交換です

スマートフォンのバッテリー寿命はおよそ500回です

社会人や学生の多くが、iPhoneを毎日欠かさずに携帯・利用しています。
情報検索のツールとして、エンタメ系のアイテムとして、
ゲームやメッセンジャーアプリの利用端末として大活躍です。
そんなiPhoneですが、普通の道具同様にメンテナンスが要ります。
一見するとスマートフォンは機械製品に見えませんが、
その内部には多種多彩な部品が搭載されています。
iPhoneはコンパクトな機械ですが、その構造はパソコン並であり、
時おりバッテリーの交換などをしなければ、快適に使い続けられません。
寝る前にめいいっぱい充電したにもかかわらず、
翌日のお昼ごろにはバッテリーの減りが非常に目立つ、それはバッテリーの消耗を示す予兆です。
大事な作業中にiPhoneのバッテリーが突然なくなっては大変ですので、
出来れば暇な休日などを利用し、iPhone修理のお店に端末を預けましょう。
修理店はサービスの一環として、スマホのバッテリー交換を格安料金を提供しています。
iPhoneのバッテリー寿命はおよそ500回とされ、
一般的なユーザーであれば一年前後、ゲームやSNSを頻繁に利用する方なら、
一年以内にその寿命を超えてしまう恐れがあります。

寿命を過ぎたバッテリーには色々なデメリットがあります

寿命を超えてしまっても、充電自体は可能です。
しかし、画面的には100パーセントの充電が出来たとしても、
それがお昼や夕方頃までしか持たないのであれば、やはり使い勝手が最悪です。
また利便性が悪くなるだけなら、我慢して使い続けられますが、
寿命を過ぎたバッテリーは、過剰な発熱をする事があります。
本体が異常に熱くなる、充電中に自然発火する、
液漏れが突如として生じ、iPhoneのデータが全て破損する等、
色々な厄介なトラブルが起きかねません。

バッテリーが消耗した際は、買い替えではなく交換した方がお得です

iPhone自体は非常に優れたスマートフォンです。
バッテリーさえ修理店に交換してもらえば、非常に長く愛用出来ますので、
トラブルを回避する意味でも、一年を過ぎたら専門家に預けるのが大切です。
また専門店によって使用されるバッテリーの質はピンきりだと言われています。
コストパフォーマンスの良いサービスも魅力的ですが、
安全性の高いPSEマークを取得したバッテリーに交換してくれるお店なら、大事なiPhoneを安心して預けられます。
iPhoneユーザーの中にはバッテリー消耗と当時に本体自体を買い換える人々もいますが、それは大変勿体無い事です。
バッテリー交換には費用が必要ですが、製品自体を買い換えるより、
かならずお得なコストですので、無闇に機種変をせずに、まずはiPhone修理店に診てもらうのが賢明でしょう。

iPhone修理店一覧

iPhone修理八王子

iPhone修理札幌

ページ上部へ戻る