ブログ

iPhoneの液晶画面に縦線が入る

iphone液晶画面縦線

e2ff7888c997ec71881d634756618fc6 iPhoneの液晶画面に縦線が入る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneの液晶画面に縦線が入る現象があります。
大きく分けて原因は2つあります。
1、基盤が損傷していることによって縦線がはいる。
2、液晶画面が損傷していることによって縦線がはいる。

人気はiPhone6!!

iPhoneをポケットから落としてしまい、液晶画面に縦線が入ってしまった。
また、その影響でタッチパネルも動く箇所と動かない箇所がある。
場合によっては、画面がまったく映らなくなってしまうiphoneもあります。

しかし、iPhoneの液晶画面に画面に縦線が入りタッチパネルが効かない状態でもバイブがなったりしているので、
電源は入っているという状態で修理にお持ちになるお客様が多数おります。
この場合はほとんどの場合が修理可能です。

液晶のコネクタがはずれていたり、センサーパネルが損傷している場合があります。
新しい液晶パネルに交換することで、データはそのままで修理可能です。

それ以外のケースも!

落とした拍子に画面に縦線が入って液晶が正常に動かなくなる以外にも落としてから一週間後など時間差で液晶にとつぜ縦線が入ることがあります。
実はこれもセンサーパネルが破損しているんです。
時間差で故障するのは、iPhoneがとても繊細にできているから、落とした後にはセンサーケーブルが剥がれかけていて、使っているうちに完全に剥がれてしまうことがあるんです。
この場合にも修理は可能です、ご安心下さい。

DSC 0345 iPhoneの液晶画面に縦線が入る

縦線にもいろいろな種類があります!

縦線にも種類があります。
一番わかり易いのが、赤、青、黄緑の線が出ている場合。少し見分けがつけづらいのは、背景色とほとんど色が変わらないもの。これは主に白っぽく写ります。
どの縦線にしろ、Touchも効かないので画面全体の交換が必要になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

iPhone修理八王子

iPhone修理八王子

iPhone修理店一覧

iPhone修理八王子

ページ上部へ戻る