バッテリー

バッテリー バッテリー

iPhoneのバッテリーはとても性能が良い

iPhoneのバッテリーには精密回路が入っていて、基本的なバッテリー機能のほかに
充電回数や劣化度などが記録される非常に優秀なバッテリーなのです。

性能が良いゆえの悩み

iPhoneユーザーの一番の悩みの種になる、バッテリー消耗。とにかくバッテリーの持ちが悪いのはiPhoneの高機能を駆動させるためには仕方のないことです。
バッテリーには寿命があり、電池消耗の激しいiPhoneを繰り返し充電することで早く寿命がやってきます。
そのため早くて一年半で交換が必要になる方も少なくありません。
普通に使っていても二年も使えば寿命がやってきて充電の持ちが悪くなったり急に電源が落ちたりと、
使用感が悪くなってきます。
バッテリーは消耗品ですので、iPhoneを快適に使うためにも早めに交換することをおすすめします。

膨らむバッテリー

また、劣化で一番怖いのが膨らんできたバッテリー。
長く使用していることで劣化したバッテリーの内部でガスが発生し、外に放出しきれず溜まっていきます。
そうするとiphone本体の厚みが薄いのでパネルがどんどん浮いてきてしまいます。
そのまま放っておくとバッテリーが危険なのはもちろん、画面がはがれてしまって液晶が映らなくなったり内部の基板まで見えるぐらいになってきてしまいます。
ホコリが入ってしまうのは当然良くありませんし、
ただでさえ水に弱いiphoneを水没させてしまう危険性が格段にあがります。

膨らんできているころには性能的な症状がすでにでているはずです。
まだ使えるからと放っておかずにすぐに対処しましょう。

使用するうえで知っておくべきこと

電化製品には必ず説明書がついていて細かく注意事項がかいてあります。
iphoneに使われているバッテリー、リチウムイオン電池にも同じようにしていいことと悪いことがちゃんとありますので、知っておきましょう。

ご使用の際は次のことを必ず守りましょう

iPhoneを自動車のダッシュボードや窓際など直射日光の当る場所、炎天下駐車の車内など、
 高い温度になる場所に放置しない

※高温になると危険を防止するための保護機構が働き、充電できなくなったり、
 保護回路が壊れて異常な電流や電圧で充電され、発熱、破裂、発火の原因になります。

iPhoneを水、海水、ジュースなどの液体で濡らさない
※リチウムイオン電池に組み込まれている保護回路が壊れ、
 異常な電流・電圧でリチウムイオン電池が充電され、発熱、破裂、発火の原因になります。

iPhoneは指定された充電器、ACアダプターを使用する
※指定以外の充電器、ACアダプターで充電すると、充電条件が異なるため、発熱等の原因になります。

・iPhoneの充電や放電中に可燃物を上に載せたり、覆ったりしない。
 リチウムイオン電池を発熱、破裂、発火させるおそれがあります。

バッテリーは熱に弱いので、暖めることはしてはいけません。ですが高温になった車内など、わかっていてもうっかり放置してしまいがちです。
明らかに高温なところだけではなく、意外なところもダメな場所があります。
男性に多いと思いますが、ポケットの中で温めることは実はバッテリーにとっては良くありません。

本体が低温の状態ならまだ大丈夫ですが、充電をし終わって本体がまだ熱を持っているときに
そのままポケットにいれてしまうと、中で温まり続けてしまうことになり、バッテリーの劣化につながります。
また、iphoneケースが放熱しないタイプのものだと同じように温まった状態が長く続くことになります。
ケースで温めてしまうということはポケットにいれているよりも更に長時間熱をもたせてしまう可能性があるので、
そういったケースをお使いの場合は熱が逃げやすいタイプのものを購入することをおすすめします。

そのような状態を長く続けたバッテリーの多くが本来の充電機能の寿命よりも早く使えなくなります。
減りが早くなる症状のほかに、まだたくさん電池が残っていたはずが急に10%ほどまで低下していたり、電源が切れてしまうこともあります。

そのほか充電をしているのに一向に増えていかなかったり、充電をすると異常な熱をもったり、、

バッテリーが劣化することは使用感を悪くするばかりでなく、膨らむことでパネルが浮いてきて外観上もよくありません。
そして、あまりに剥がれてきてしまうとパネルのガラス面と中の液晶が分かれてしまって、悪化すると液晶が映らなくなります。
本来画面自体には何の問題もなく正常に動いていたものが、
バッテリーが原因で使えなくなり修理が必要な事態に。

そうなる前に少しでも異常を感じたら当店までご相談ください。

バッテリー消耗を抑える設定をしよう

iphoneの設定を変えるだけで電池の消費量を軽減することができます。
バッテリーの劣化を疑う前にこれらの設定を一度見直してみることも大切です。

・アプリのバッテリー消費を調整する
 「バッテリーの使用状況」から、アプリのバッテリー消費の割合を見ることができます。
 
  設定アプリの「一般」→「使用状況」→「バッテリーの使用状況」で表示される画面でアプリがいくつも表示されます。
  その中からバッテリー消費の多いアプリで普段使わないものがあれば削除するなど、調整してみましょう。

・コントロールセンターでON/OFF
 
 ホーム画面で下から上にスワイプすると出てくるON/OFFを簡単に切り替えできるコントロールセンター
 ここではBluetooth、AirDrop、Wi-FiをOFFにしましょう。
 常につけておく必要はないものなので、
 使用するときだけONにしてその他は接続を切っておくと電池消耗が少なく済みます。

・自動ダウンロードをOFFに

 PCでダウンロードしたアプリを自動で同期したり、
 iPhone内のアプリアップデートを自動で行う機能についてもオフにするとよいでしょう。

 設定アプリの「iTunes & App Store」で「自動ダウンロード」の項目を全てオフにすればOKです

・アプリのバックグラウンド更新を切る

 使用中以外のアプリがバックグラウンドでコンテンツの更新をしないよう
 設定をオフにすれば、バッテリーの消費を抑えられます。

 設定アプリ「一般」→「Appのバックグラウンド更新」に入り、全体をオフにするか個別に設定を見なおしましょう

その他にも細かく設定して消費を抑えられる項目はいくつかあるのでチェックしてみると良いでしょう。

iPhone修理店一覧

iPhone修理八王子

iPhone修理札幌

ページ上部へ戻る