水没

水没 水没

次に多く発生しやすい故障は水没です。

iPhoneは残念ながら防水機能はついておらず、少しの水がつくことも気をつけておかないと不具合が発生してしまいます。

普段の生活の中でとても身近な水や液体。
水没原因の多くはトイレに落としてしまうことです。毎日必ず使用する場所で気を抜きやすい場所でもあるからでしょう。
その他洗面所やお風呂も落としやすい場所です。
使用している最中に落とすことが多いので、ショートしてしまう可能性が高いことから、電源をつけようとする行為は危険ですのでやめましょう。

水に濡れた途端ほとんどのiphoneが液晶に影響が出てきます。

音はするけど画面がうつらなかったり、
電源は入っても液晶の映り方が白くかすんだようになってしまったり、、

どんな状態にしろ電源をつけたままでいるのは症状を悪化させる要因になりますので
強制的にでも電源を落としましょう。
タッチが効かなくなっていつも通りの電源の落とし方では出来ない場合には、ホームボタンとスリープボタンを同時に長押しします。

トイレに水没させてしまったときは

すぐに拾い上げまずはタオルなどでしっかりと拭いて、そのあとはなるべくいじらないようにしましょう。
ちゃんと動くのか気になるとは思いますが、外側を拭いても中に浸水してしまった水は残っているので危険です。

自分でドライヤーなどを使って乾燥させるのも良いですが、内部をしっかり乾燥させるには本体を開ける必要がありますので
APPLE4Uにすぐにご相談ください。

洗濯機に落としてしまった

洗濯をしようとして胸ポケットに入っていたiphoneを落としてしまった場合、
真水に落としたのか、または洗剤が入っているときに落としてしまったのか、更に洗濯し終わってから取り出したのか
状況はいくつも考えられます。

洗濯洗剤がついたままよりは、洗ってしまった後のほうが復旧率が良い場合もあります。
iPhoneは水に弱いのはもちろんですが、水以外の液体にはもっと弱いんです。

洗面所に落としてしまった

完全に水に浸かる可能性が低いのが洗面所です。そのため、電源が入らないほどの症状になることは比較的少ないのですが、
画面に水がかかってしまってタッチができなくなったり白っぽく画面が映っていたり、多くの症状が液晶への影響です。

当店の水没修理の基本的な内容は内部クリーニング後に内部乾燥を行い、電源が入るか確認します。
このとき電源が入らない場合にはバッテリーを新しいものに交換します。

ここまでで復旧すれば問題ないのですが、液晶に異常が残ってしまう場合には電源が入っても画面に水滴跡が残ったり
画面の明るさ調節機能が正常に動作せず液晶が暗いまま、、といったことが発生します。

そのような場合にはパネルを交換するしかありませんが、その際には別途パネル代の料金がかかります。

お風呂での水没

湯船につかりながら操作することは、湿気にも弱いiPhoneにとっては不具合の原因になります。
まして手がすべってお湯の中に落としてしまったりしたら間違いなくショートして電源はつかなくなってしまうでしょう。

この場合もすぐに引き上げて表面の水分をふきとったらできるだけ早く修理にだしましょう。
電源をつけようとはしないでください。その後の復旧率に大きく影響してきます。

海水に落としてしまった

塩水に浸かってしまったiphoneは、ただの真水に比べて劣化が早いので、水没させてから時間が経てば経つほど復旧の可能性が低くなってしまいます。
本体を開けて内部を確認するとサビがたくさん発生し、基板の損傷が激しいことも。

水没といってもその状況や症状はさまざまです
一度水につかっていても内部はほとんど濡れておらずになんの後遺症も残らず使えるものから
洗面所に落として少し水に濡らしてしまっただけでも浸水が多く液晶に跡が残ってしまうものもあり、水没修理はとても難しいのです。

基本の水没修理作業は主に内部クリーニングと乾燥になります。
外側が乾燥していても浸水してしまっている場合は当然内部が濡れた状態のままです。
多くの場合が液晶の裏側まで水滴が入っていますので、乾燥クリーニングを全体的に行います。

液晶含め、部品を一切交換せず復旧できた場合にはこちらの基本修理で9500円です。

また、内部の洗浄とクリーニングが完了し、電源がつかない場合にはバッテリーが使えない状態になってしまっています。
バッテリーは内部を洗浄することができませんので、新しいものと交換することになります。
修理料金は基本の作業費用を上乗せではなく、セット料金で12000円となっております。

当店では力及ばず復旧が出来ない場合は申し訳ありませんが、作業費のみお支払頂きお返しするかたちになります。料金は3000円です。

バックアップ

水没修理をして直ったからといって今まで通り気にせず使うのではなく、万が一のことを考えてデータのバックアップはしっかりしておきましょう。
itunesでのバックアップが保存してくれるデータ量も多く便利ですが、icloudでのバックアップでもするのとしないのとでは大きく違います。

自宅にパソコンがなかったりやり方がわからない場合には別料金ではありますが当店でデータバックアップも承っておりますのでご相談ください。

iPhoneに防水加工

防水ケースに入れて使ったりすることで水に濡れても大丈夫にする方法はありますが、
本体そのものを防水仕様にする方法があるのは御存じですか?

当店で防水加工に使用している商品はイギリスに拠点を置くNanostate社で生産されており、
デバイスを水害から守る為に開発されたもの。

軍事技術でも使用されているナノテクノロジーを駆使し、
人間の髪の毛の40000倍細かい粒子がコーティングとなり、
あらゆる水害から守ってくれるというものです。

Apple社製iPhoneをはじめとするスマートフォンやタブレット製品に使用可能で、
もちろん指紋認証機能やカメラ機能になんの影響も与えません。

液状のものを噴射することでコーティングしていくのですが、見た目に一切変化は起こらないので、
一見本当に防水されているのかわかりません。

ただ、加工したあとのiphoneを5分以上水につけていても全く壊れず動作していたほどしっかり防水されます。

水濡れを気にしながら面倒だと感じている方、ケースに入れて使うのが嫌いな方はお試ししてみるのもいいかと思います。
ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

iPhone修理店一覧

iPhone修理八王子

iPhone修理札幌

ページ上部へ戻る