液晶表示不良

液晶 液晶表示不良

液晶破損とガラス割れ

故障の仕方は似ていますが症状が違います。
ガラス割れは表面のガラスだけが割れているのでタッチ操作は問題なく出来る状態であり、映り方も表示されていない場所がなく使用することが可能です。

液晶破損の場合は映り方に異常があることをいいます。また、タッチの操作も反応しない部分がでてきます。
映り方はさまざまで、色彩が薄くなっていたり縦に線が何本か入っていてその部分のタッチ操作はまったく効かないなど。
画面が暗くなってしまっていて映っていないが電源が入っていることが確認できる場合も液晶破損の可能性が高いです。

ガラス割れでは不便だけどなんとか使えることが多いのですが、液晶破損はほとんどが使えない状態になっています。
また、操作ができても内部の部品や基板などが見えてきてしまっているほどの破損でも液晶破損の修理になります。
内部が見えるほどの破損は液晶の中までホコリなどのゴミが入って映った際に黒い点や跡が残ってしまうなどその後の操作に問題が発生する可能性があります。

液晶が映らないとどうなるか

液晶が映らなくなるとiPhoneが使用できなくなるのはもちろん、
iPhoneのデータのバックアップも不可能になってしまいます。
その状態で正規店に修理を依頼しても新品端末と交換することになりデータは戻って来ません。
データが無事である可能性が高いiphoneをわざわざ新品と交換してしまうのはとてももったいないと思います。
Apple4Uにおまかせ頂ければバックアップを取っていなくても、データを残したまま液晶の修理をいたしますので、直ったあとも何不自由なくお使いいただけます。
それでもiPhoneのデータの消失はいついかなる時に起こるのか、予測ができません。OSをアップデートしようとしただけで一切動かなくなってしまった例もあります。
こまめにデータのバックアップを取ることを推奨いたします。

液晶破損が起きやすい機種

どの機種にも同じように液晶破損の可能性はあると思いますが、落としたりすることで与えられた強い衝撃による破損が多いので画面自体の強度に加えて本体の強度も重要になってきます。
その点で差がでてきてしまうのがiPhone5cのプラスチック製のボディ。
iPhone5sやiPhone6で採用されているアルミ素材とは異なり、やはり衝撃には若干弱い印象をもちます。
他の機種に比べて液晶破損が多い印象のある5cは修理依頼を受けた時点で
画面がまったく映っていないことが少なくありません。
しかし、マナーモードにしたときの振動や音の反応があり、電源は入っているので画面を交換すると元通り液晶が映って操作可能な状態に。

一切映っていないので修理ができないと思い正規店に依頼する前にApple4Uにご相談ください。

ただし落下などで打ちどころが悪い場合には液晶の修理をしても直らない場合があります。
その場合は衝撃を与えたことで基板が損傷してしまい、動かなくなってしまっているので
残念ながら液晶交換での修復は不可能となってしまいます。

その他の液晶異常

衝撃を与える以外で液晶に異常が出る故障が水没です。
水没させてしまうと、同じように画面がまったく映らなくなってしまうほかに画面全体が白っぽく写っていたり、
水滴の跡が画面上に残ったままになっていたりします。
通常の水没修理ではこのような液晶異常を直すことは難しく、たとえ液晶交換をしても症状が改善されないこともあります。

液晶破損の予防にも効果的な強化フィルム

ガラス割れを防止するのはもちろん、衝撃に強くなりますので液晶破損を予防することもできます。

液晶交換の修理をしてせっかく元通りの画面に戻っても、
今までと同じように使用していればまた破損させてしまう可能性もないとは言えません。

当店で販売・取扱いをしている強化ガラスフィルムはカッターで切り付けても叩いても無傷な商品です。
0.33mmの厚みで強い衝撃にも耐えられます。
強化ガラスフィルムを貼ってケースに入れ、
しっかり保護した状態でiphoneを使うことが液晶破損を防ぐ最善の方法でしょう。

液晶不良の一例です

DSC 0346 液晶表示不良

DSC 0342 液晶表示不良

DSC 0345 液晶表示不良

iPhone修理店一覧

iPhone修理八王子

iPhone修理札幌

ページ上部へ戻る