iPhone6Plus修理

iPhone6Plus修理

スマートフォンとタブレットの中間的なサイズである「ファブレット」に沿う形でリリースされたiPhone 6とiPhone 6 Plusですが、
特に大きなサイズである6 Plusをアップルは必然的に片手での操作が容易ではなくなることを見据えた上で、
ホームボタンを軽く2回タップすると画面全体が下にスライドする、といった工夫がされています。
しかし大きなiPhoneを片手で操作しようとした結果落としてしまい、せっかくの大画面を割ってしまうといったことが発生いたします。

iPhone6plusのフロントパネル修理はお早めに

iPhone6plusは薄くて大画面といった理由で大変高い人気を誇っていますが、
その薄さゆえに画面のヒビ割れは最も起こりやすいトラブルとして挙げられています。
ひび割れにもさまざまありますが、角がほんの少しだけひびになっていて操作にはほとんど支障のないものから、
画面全体にかけてナナメに入った一本のひび割れから枝分かれして四方に亀裂が入ったものまで。
四方に亀裂が入ってしまうと画面はとても見づらくなってしまいます。

人によっては少しヒビが入った程度なら大丈夫と思い、そのまま使い続けることもあるかと思います。
ですが薄いとはいえ、iPhone6plusのフロントパネルはガラスである事に違いはないので、
そのまま放っておくと1つの亀裂からクモの巣状に割れが広がってしまい、
画面全体が割れている状態になり、そこから破片がとれるようになるまで悪化します。

そうなってしまうと内部にホコリなどの異物が混入する可能性があるのはもちろん、
割れた破片が中に入ったままの状態で使っていると問題のなかった液晶まで傷つけることに。

本来ならガラス修理のみで済んだ故障が複数の修理が必要になってくる可能性もでてきてしまいます。
フロントパネルのすぐ裏側にはいくつもの部品がくっついている形で備わっています。
インカメラやホームボタンがパネルに直接触れている部品になるので、
パネルの破損があまりに悪化しているとこれらの関係ない部品まで使えなくなってしまってもおかしくありません。

特にホームボタンが使えなくなってしまうとiphoneを使用するうえではとても大事なボタンなので大変不便になってしまうでしょう。

AssistiveTouch機能を使えばホームボタンの代用ができます

ですがiphone6plusの大きな画面ではAssistiveTouchでのホームボタン代用は不便を感じることでしょう
ますます片手での操作は困難になってきます。

もちろんAppple4Uではホームボタンやその他部品の交換修理も承っております。
せっかくの大画面が魅力のiPhone6plusを快適にお使い頂くために、不具合があればすぐに修理をいたします。
どんな修理が可能なのか、価格はどれぐらいなのか、ご不明な点はどうぞお気軽にお問い合わせください。

iPhone6Plusのガラス割れ+タッチパネル修理価格

iPhone6Plus:13,500円

iPhone6Plusの液晶交換

iPhone6Plus:16,500円

iPhone6Plusの水没修理

iPhone6Plus:3,000円

基盤が損傷しており、水没復旧しない場合は作業費の3,000円のみ頂いております。
また、バッテリーの交換もご一緒に修理される場合はセット価格での割引キャンペーンを行っております。

iPhone6plus購入直後の取り扱いに気を付けましょう

携帯は毎日、多くの人々が肌身離さず持ち運んでおります。
大きさなど気にせずに持ったり話したりしていたのではないでしょうか。
しかしiPhone6plusはこれまで使っていた携帯よりもおそらく大きいことでしょう。

そのため始めの1,2か月は慣れるまで、
持っていてスルリと落としてしまったりとふとした拍子に傷つけてしまう可能性が高いはずです。
高さのある机から落としてしまえばガラス割れに、トイレやお風呂で落としてしまったら水没故障となります。

また、iPhone6plusの保険としても専用のケースを購入したり
画面をケアするための保護シールなどを導入したりすることでリスクを低減することができます。

持ち運び時にも無造作に扱うことを避け、精密機械であることを意識して使うように心がけましょう。

もしも故障してしまったらApple4Uにお任せ下さい。
パネル交換、水没修理を即日対応で承っております!

iPhone6Plusのカメラ

iPhone6Plusの数ある優れた機能のうちの一つがカメラです。
iPhone6には入っていない手ぶれ補正が入っており、補正効果はかなり高いんです。
暗所でもちっともブレないという補正機能。1/4秒で撮影しても美しい写真が撮れるほど。
これはグリップがついた一眼レフですらブレるシャッター速度なので、iPhone 6 Plusの手ブレ補正がかなり強力であることがわかります。

この素晴らしい性能をもつカメラをもしも落として傷つけたり、
衝撃を与えたことでカメラ機能に不具合が発生したとしたら、、

今すぐにでも直して使えるようにしたいと思うことでしょう。

iPhone6Plusのバッテリー

iPhone6Plusのバッテリー容量は2915mAh、
iPhone5sのバッテリー容量が1560mAhなのでほぼ倍増している容量となります。

これだけのバッテリー容量があれば相当使い込まない限りは消耗しないはずですので
すぐに劣化することは考えにくく、バッテリー交換を考える必要は当分ないと言えます。

ただ一つだけ、水没させてしまった場合には話は別です。

水没修理は基本的な作業は内部クリーニング、乾燥となりますが、バッテリーは内部を開けることはできません。
したがってバッテリーが濡れてしまった場合にはバッテリー自体を交換するしか方法がないということになります。
その為本来ならバッテリーの劣化とは程遠いはずのiphone6plusのバッテリーを取り替える事態に。

iphone6plusを水没させる可能性の高い場所はおそらくお風呂での使用によるものではないかと思われます。
他の機種で多くみられるトイレでの水没は、ズボンのポケットに入れていた場合に発生するものです。
6plusはサイズが大きいのでポケットに入れて持ち歩くことが少ないことからトイレに水没させる例は少ないはずです。

この大画面が活躍するのはyoutubeで動画を見たり映画鑑賞をしたりといったことに発揮されます。
そして湯船に浸かりながら楽しみたい、という方が少なくありません。

防水ケースに入れるなどの工夫を一切しないままでお風呂で使用することは大変危険です。
せっかくの大容量バッテリーを存分に使用するためにも防水をしっかりするか、お風呂での使用は控えたほうがいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone修理店一覧

iPhone修理八王子

iPhone修理札幌

ページ上部へ戻る